釣り針

旧石器人もフィッシング…世界最古、沖縄で出土

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

2万3000年前の貝製

 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞(どう)遺跡で、世界最古となる2万3000年前の貝製の釣り針が出土した、と発表した。これまで国内で確認された釣り針は縄文時代以降のものしかなく旧石器時代は初。釣り針で取ったとみられる魚の骨も出土。旧石器時代の水産資源利用の実態を示す初の資料で、当時の生業を考える上で極めて重要な発見となる。

 出土したのは、完成品1点(幅14ミリ、2万3000年前)と未完成品1点(幅16ミリ、2万3000〜1万3000年前)。ニシキウズ科の巻き貝の底部を割って削った。完成品と同じ年代の地層から、ブダイ科、アイゴ属の海魚の骨、川で取れるウナギ属の骨が出土した。化石保存に適した石灰岩質を含む地層のため、溶けずに残った。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文851文字)

あわせて読みたい

注目の特集