メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

松浦 弥太郎・評『強父論』『〆切本』

強くてこわくてひょうきんで、限りなくやさしい人だった

◆『強父論』阿川佐和子・著(文藝春秋/税抜き1300円)

◆『〆切本』夏目漱石ほか著(左右社/税抜き2300円)

 書店で『強父論』というタイトルを見たとき、ドキッとした。強父とはまさにキョーフであり、一年前に亡くなった父をそのまま表した言葉だったからだ。そして、著者が阿川佐和子さんと知り、妙に納得したのは、以前から強父仲間と勝手に思っていたからだ。

 小学五年生の時、ちょっと家の縁側に出るだけだったので、ズック(スニーカーとはいえない運動靴)のかか…

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1454文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです