メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

松浦 弥太郎・評『強父論』『〆切本』

◆『強父論』阿川佐和子・著(文藝春秋/税抜き1300円)

◆『〆切本』夏目漱石ほか著(左右社/税抜き2300円)

 書店で『強父論』というタイトルを見たとき、ドキッとした。強父とはまさにキョーフであり、一年前に亡くなった父をそのまま表した言葉だったからだ。そして、著者が阿川佐和子さんと知り、妙に納得したのは、以前から強父仲間と勝手に思っていたからだ。

 小学五年生の時、ちょっと家の縁側に出るだけだったので、ズック(スニーカーとはいえない運動靴)のかかとを踏んで二、三歩歩いたら、「誰のおかげで靴を履けると思ってるんだ」と父のかみなりがドカンと落ちて、「そんな奴(やつ)は、靴なんて履かなくてよし」と言われ、学校に裸足で歩いて行かされたり、「髪の毛は伸びる前に切ってこい」と、しょっちゅう床屋に行かされたり、机の上を散らかしていたら、あったものをすべて…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです