メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

京響と協演 「いきいきとした作品楽しんで」

京都市音響楽団と協演するピアニストの熊本マリ=田中博子撮影

 ピアニストの熊本マリが11月2日、ロームシアター京都(京都市左京区)で京都市交響楽団(京響)と協演する。「日本では演奏機会が少ないが、欧米ではよく弾かれる曲を選んだ。リズム感あふれるいきいきとした作品なので、喜んでもらえると思う」とこだわりのプログラムに自信を見せる。

 曲目はアルベニスの「スペイン狂詩曲」とガーシュウィンの「ヘ調のピアノ協奏曲」。「スペインを訪れると、光と影の美しさに心を奪われます。スペイン狂詩曲には光と影が感じられ、アルベニスの祖国・スペインに対する愛が魅力いっぱいに描かれている」と語る。熊本もスペインで過ごした経験があり、得意の1曲という。

 「ヘ調の……」は第3楽章が特に気に入っている。「打楽器が活躍するので、ピアノとの掛け合いがすごく楽…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文802文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 暴力団の影見え隠れ 神奈川逃走の容疑者 「家族を大切に」との評価も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです