メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/20 「悩みを人に伝える」環境作りを 喪失感、自分だけではないと知る必要 /香川

認定NPO法人「グリーフワークかがわ」のパンフレット

 5日に香川県庁(高松市)で開催された「県自殺対策連絡協議会」。出席した行政や大学、社会福祉法人、認定NPO法人などの関係者約20人から、自殺対策の現状と課題について次々と報告があった。

 社会福祉法人「香川いのちの電話協会」の大須賀誠理事長は年間約1万件の電話相談を受け、そのうち約1割が自殺を訴える内容と説明。自殺予防の前線にいる思いで、電話相談員を養成していると話した。活動する上で資金確保などの問題も抱えていることを語った。

 言葉の意味が浸透していないことを課題とする団体もあった。認定NPO法人「グリーフワークかがわ」だ。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです