メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

【インスタグラム使い方講座】覚えるだけで「いいね!写真」に! スマホで使える撮影テクニック3選

情報提供:GetNavi web

いまや世界で5億人以上のユーザーがいる「Instagram(インスタグラム)」。最近は、日本でも幅広いユーザーが使い始めている写真投稿SNSです。このコーナーでは基本的な使い方や、一歩進んだ活用テクニックを紹介します。

 

身近にある被写体でも、撮り方を工夫すれば新鮮に映ります。今回はスマホで使える撮影テクニックを3つ紹介するので、ぜひ試してみてください。

 

■自然光を利用して撮影する

小物を撮影する場合には、ライトが重要となります。しかし、プロが使うようなフラッシュを用意するわけにもいきません。そこで、おすすめなのは自然光を活用する方法です。

↑なるべく窓の近くで撮影する。白いレースのカーテンなどがあると、より明るく被写体が写る↑なるべく窓の近くで撮影する。白いレースのカーテンなどがあると、より明るく被写体が写る

 

↑カメラのフラッシュとは違い、自然光を利用すると全体が自然な明るさに↑カメラのフラッシュとは違い、自然光を利用すると全体が自然な明るさに

 

 

■写真撮影時に視点を変える

普段見ている視点から撮ると、何を撮っても見慣れた構図になってしまいがち。そこで、普段より低い(または高い)視点から撮影してみましょう。見慣れた景色も新鮮な構図で撮影すると、一味変わった写真に仕上がります。

↑iPhoneのカメラを地面ギリギリに構えて撮影↑スマホのカメラを地面ギリギリに構えて撮影

 

 

■意図的に逆光で撮影する

フレーム内にあえて太陽を入れることで、面白い光り具合で写真を撮影できます。余分な光は「Instagram」の画像編集でトリミングですればよいので、いろいろなアングルを試してみましょう。

 ↑「フレア」や「ゴースト」を活かし、余計な部分はトリミング↑「フレア」や「ゴースト」を活かし、余計な部分はトリミング

 

紹介したテクニックを実践しつつ、試行錯誤を繰り返せば見違えるように撮影テクニックが上達します。良い写真ができるまで、いろいろと撮影しまくってみましょう!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです