メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

なぜ45型? シャープの新型4Kアクオスがこのサイズにこだわったワケ

情報提供:GetNavi web

シャープは、液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の4Kモデルのラインナップを拡充し、新たに45型モデル「LC-45US40」を9月30日に発売します。実売予想価格は19万円前後(税抜)。

20160921-i02 (5)↑LC-45US40

 

4Kテレビとしては世界初となる45型は、伸長する国内の4Kテレビ市場のなかでも、特に売れ筋である40〜52型サイズをターゲットとして開発されたもの。2016年度上期(8月末まで)の4Kテレビのサイズ別の販売実績において、40/43型が28%、48-52型が38%となっており(GfK Japan調べ)、合わせると約66%のボリュームゾーンとなることから、これまでの40型/50型に加え、新たに45型が追加されました。

20160921-i02 (1)↑2007年発売の32型(左)と、新製品の45型(右)を並べたところ

 

また、地デジ移行前の2004年〜2010年において、最も需要の多かった32型サイズからの買い替えとしても45型を訴求。画面の高さやスタンドの設置スペースを変えずに、画面の面積が約2倍になることから、いま使っているテレビスタンドを生かしながら、より大画面を楽しめるサイズとしてアピールしています。

20160921-i02 (2)

 

LC-45US40は、高コントラストで低反射の「N-Blackパネル」を搭載し、独自のLEDバックライトシステムにより消費電力を抑えながら画面輝度を高める「リッチブライトネス」技術により、明るく見やすい画面を実現。最新のHDR映像にも対応しており、臨場感豊かで明るくクリアな映像と省エネ性能を両立しています。

20160921-i02 (3)

さらに、オンキヨーとの共同開発による高音質設計の「2.1chスピーカーシステム」を備え、高音域から低音域まで臨場感豊かに再現します。また、視聴位置に合わせて画面の向きを左右30度まで調整できるスイーベルスタンドも採用しています。

 

別売のネットプレーヤー「AQUOSココロビジョンプレーヤー」と接続すれば、人工知能がユーザーの視聴傾向を学習してテレビ番組やネット配信などのコンテンツをおすすめするシャープ独自のクラウドサービス「COCORO VISION」を利用可能。「AQUOSブルーレイ」と連携して、視聴中の番組を最大90分さかのぼって視聴できる「AQUOSタイムシフト」機能など、便利な機能も搭載しています。

 

このほか、4K120型の試作モデルや、開発中の8K85型モデルなども展示され、同社の液晶テレビ開発における技術力の高さをアピールしていました。

↑↑参考展示された120型モデル

 

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです