メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル毎日スタッフリポート

デジタル毎日でウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を読む

 4月のサービス開始から半年が経ち、最近も愛読者センターに「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を読みたいのですが、どうしたら読めるようになるのでしょうか」というお問い合わせを数多くいただきます。寄せられるお問い合わせの内容をもとに、デジタル毎日でのWSJご利用についてご説明させていただきます。

    【お読み頂ける会員プラン】

    (1)デジタル毎日有料会員

     WSJのご利用には、デジタル毎日有料会員(月3200円または7日間900円※ともに税別)のお申し込みが必要です。お申し込みいただければ、すぐにWSJをお読みいただけます。

    (2)愛読者プレミア会員(新聞購読者)

     毎日新聞を宅配でご購読されている方は、愛読者プレミア会員(新聞購読料のほかにプラス月500円※税別)にお申し込みください。

    すでに毎日IDをお持ちでしたら、お申し込みは毎日ID会員メニューの「有料プランのお申し込み/現在のプランの変更」からのお手続きとなります。会員メニューには毎日新聞のニュースサイト https://mainichi.jp/ の画面右上にある「会員メニュー」から入ります。

    【ご利用は毎日新聞のニュースサイトから】

     デジタル毎日でのご利用は、パソコンやタブレット、スマートフォンのブラウザで毎日新聞のニュースサイトを開き、そこにある「WSJ」の専用の入り口からご利用いただくかたちとなります。

     直接WSJのサイトにアクセスされても無料の記事しかお読みいただけません。また、WSJのアプリからは利用できませんので、ご注意ください。

    【ご覧になるための手順】

    1.毎日新聞のニュースサイトを開きます。

    https://mainichi.jp/

    2.画面上部にある「毎日新聞」の題字の下に、トップ、社会などジャンルが並んでいる青色の帯があります。その帯の下にある「WSJ」の文字をクリックします。

    ※スマートフォンの青い帯には「会員メニュー」「ログイン」の文字があります。

    3.毎日IDのログインを求める画面が表示されましたら、デジタル毎日有料会員にご登録のメールアドレスとパスワードでログインをします。

    4.WSJの初回利用登録画面が表示されますので、お名前とメールアドレスを入力して「WSJに登録する」をクリックします。

    5.WSJへの登録が完了すると、続いてWSJ側のプライバシーポリシーなどへの同意を求める画面が表示されます。□にチェックをつけて、[Continue]へ進みます。

    6.WSJの画面が表示されて記事をお読みいただけます。

    ※2回目からは「WSJ」をクリックすると「デジタル毎日なら追加料金なしでウォール・ストリート・ジャーナルが読めるんです!」というページが開きます。このページにある「ウォール・ストリート・ジャーナルを開く」という黒いアイコンをクリックするとWSJのページが開きます。

    【こんなときには】

     ニュースサイトからWSJの初期利用登録をする際に、以前WSJに登録されたものと同じメールアドレスでご登録された場合には、WSJの規約同意画面でエラーが発生することがあります。

     このエラーはWSJ側での制御によるものなので、毎日新聞側では対策をとることができません。WSJの窓口で個別に対応しているとのことですので、下記のWSJの窓口にお問い合わせいただければと思います。

     ■電話

     0120-779-868

     ※土日祝を除く平日 9:00-17:30

     ■メール

     service@wsj-asia.com

     ブラウザの設定でCookieの利用を制限されていると、WSJの初期利用登録や毎日新聞のニュースサイトからの移動時にエラーが生じることがあります。その場合は、Cookieの利用制限を解除してお試しください。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

    2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです