メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

すじの悪いプロジェクトも…

[PR]

 すじの悪いプロジェクトも「乗りかかった船」との名目で打ち切れぬことが多い。とくにそれまでの費用や労力がむだになるのを嫌い、損失を広げてしまうことを「サンクコスト効果」という▲サンクコストとは「埋没費用(まいぼつひよう)」、つまりもう取り戻せぬ過去の出費である。本来は将来の費用と効果だけを考えて今後を決めるのが合理的なのだが、人間は過去にとらわれて判断を誤る。そこには過去の誤りを認めたくないというメンツや自尊心の問題もあるからだ▲米国の心理学者の実験によれば、小さな子どもほどサンクコストに惑わされない決定ができ、成長とともにそれにとらわれるようになるという(友野典男(ともののりお)著「行動経済学」光文社新書)。「毒を食らわば皿まで」は大人、それも集団的な意思決定のなせるところらしい▲サンクコストが国費だけで1兆円という高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉にむけた動きがようやく始まった。22年間で運転したのはわずか250日、年間維持費200億円、再稼働に何千億円といわれる中で子どもでもできる、いや子どもならば簡単な判断だろう▲ただ国はもんじゅを中核としてきた核燃料サイクルは維持する構えらしい。フランスで新たな高速炉を共同開発するというのだが、まだ先の見通せる話ではない。国内に大量のプルトニウムが蓄積される中、なお回らぬサイクルにこだわるのは、やはり過去の呪縛(じゅばく)か▲一向に回らないサイクルといえば、2%の物価上昇目標にむけた日銀による金融緩和の継続の発表もきのうあった。何にせよ「乗りかかった船」の危うさは行きがかりにとらわれぬ目で見きわめたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

    4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

    5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです