メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

追い込まれた日銀 緩和、量から金利へ 物価2%上昇、長期戦

 日銀は21日、金融政策の枠組みを大幅に見直し、お金の「量」を中心とする政策から、金利の操作を軸にした持続性の高い政策への転換を図った。2%の物価上昇目標の達成が遠い中、新手を繰り出すことで日銀の政策への限界論を打ち消す狙いがあるが、物価底上げに向けて打つ手が限られていることには変わりがない。黒田東彦(はるひこ)総裁は今後も苦しい政策運営を強いられそうだ。【安藤大介、和田憲二】

 「(政策が)手詰まりに陥ったことはない」「量、質、金利はいずれも緩和の余地があり、必要に応じて緩和…

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです