メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

補助犬受け入れ拡大=金志尚(北陸総局)

介助犬のタフィーを伴って病室に入り、初孫の歩夢ちゃんを見つめる平野友明さん(中央)=金沢医科大病院で8月5日、金志尚撮影

施設は自発的に準備を

 「一度受け入れたら分かってくれる」。「補助犬」と総称される盲導犬、介助犬、聴導犬。その使用者からそんな言葉をよく聞く。法律で受け入れを義務付けられているのに、知識や準備の不足から病院や飲食店といった施設での拒否例が後を絶たない。逆に一度経験した施設の大半は、次回から好意的になる。最初の「一度」に直面した時、慌てて違法な拒否行為に走らないため、そして「補助犬のいる光景」が当たり前の社会へと進むため、施設は「待ち」の姿勢を改め、事前に受け入れ態勢を整えてほしい。

 7月下旬、石川県内で唯一の介助犬使用者の平野友明さん(47)=金沢市=が、金沢医科大病院(同県内灘…

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1883文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです