特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

鍵握る有権者たち/2 「眠れる巨人」動く 中南米系「反移民」に懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
有権者登録を呼びかけるアル・カスティーヨさん(右)ら中南米系の高校生=米南部テキサス州ヒューストンで7日、長野宏美撮影
有権者登録を呼びかけるアル・カスティーヨさん(右)ら中南米系の高校生=米南部テキサス州ヒューストンで7日、長野宏美撮影

 「私たちは『眠れる巨人』と呼ばれてきました」。メキシコ国境の米南部テキサス州マッカレン。中南米系移民に有権者登録を呼びかける非営利組織(NPO)の事務所で、カルロス・マルティネスさん(29)が語った。人口急増の一方で、投票率が低かった中南米系。大統領選で「反移民」を掲げる共和党のドナルド・トランプ候補(70)の登場で、目覚めようとしている。

 マッカレンを含むヒダルゴ郡は、人口約84万人の9割が中南米系。主な仕事は農業と自治体職員で、3分の1は世帯年収が2万4000ドル(約240万円)に満たない貧困層だ。「安い労働力」として米国経済を支えてきた中南米系だが、マルティネスさんは「投票率が低いから、政治家にも軽んじられ、貧しいままだ」という。

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1467文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集