メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

鍵握る有権者たち/2 「眠れる巨人」動く 中南米系「反移民」に懸念

有権者登録を呼びかけるアル・カスティーヨさん(右)ら中南米系の高校生=米南部テキサス州ヒューストンで7日、長野宏美撮影

 「私たちは『眠れる巨人』と呼ばれてきました」。メキシコ国境の米南部テキサス州マッカレン。中南米系移民に有権者登録を呼びかける非営利組織(NPO)の事務所で、カルロス・マルティネスさん(29)が語った。人口急増の一方で、投票率が低かった中南米系。大統領選で「反移民」を掲げる共和党のドナルド・トランプ候補(70)の登場で、目覚めようとしている。

 マッカレンを含むヒダルゴ郡は、人口約84万人の9割が中南米系。主な仕事は農業と自治体職員で、3分の…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです