メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

英語 小学校の正式教科に=東京社会部デスク・三森輝久

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ 選挙に行こう>

国際化の進展に対応 学習指導要綱をを改定し20年から週2時間に

 小学校、中学校、高校や特別支(し)援(えん)学校で教えなければならない学習内容の最低基準を「学習指導要領」といいます。教育の内容が時代の変化に対応できるように、だいたい10年に1度改定されています。今(こ)年(とし)はその年。文部科学省は改定作業を進めていて、8月1日に話し合いのまとめを発表しました。今後国民から意見を募(つの)って年度内に改定します。

 大きく変わるのが、小学校の英語です。今は5、6年生で歌を歌うなどして楽しみながら学ぶ「外国語活動」として週1時間(単位時間45分)、年間35時間の授業がありますが、4年後の2020年度から正式な教科にして、週2時間、年間70時間学ぶことにしました。これまで学んでこなかった3、4年生は週1時間、「外国語活動」で英語を勉強します。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです