メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

4年後 感動を再び=広瀬俊朗

 車いすラグビー準決勝の豪州戦で、日本は良い戦いができずに終わった。反省よりも次の3位決定戦のカナダ戦に向けてどう切り替えるのかが重要だったが、心配は無用だった。第1ピリオドで4点のリードをいきなり奪う。その流れで進み、終始落ち着いての完勝だった。皆の努力が報われた歓喜の瞬間。選手が抱き合う。泣く。同い年で同郷の三阪洋行コーチは号泣していた。試合後に、一言だけ話ができた。「歴史変えましたよ」。最高に格好良かった。最高の瞬間に立ち会えて、僕も幸せだった。本当におめでとう。

 終わりと同時に次へのスタートが始まった。現状としては、世界の頂点に届く可能性があることは明白。どう継続的に強化するのか非常に興味深い。これは、各団体だけの責任にはできない。国としてどう取り組んでいくかが大事になる。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです