メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

4年後 感動を再び=広瀬俊朗

 車いすラグビー準決勝の豪州戦で、日本は良い戦いができずに終わった。反省よりも次の3位決定戦のカナダ戦に向けてどう切り替えるのかが重要だったが、心配は無用だった。第1ピリオドで4点のリードをいきなり奪う。その流れで進み、終始落ち着いての完勝だった。皆の努力が報われた歓喜の瞬間。選手が抱き合う。泣く。同い年で同郷の三阪洋行コーチは号泣していた。試合後に、一言だけ話ができた。「歴史変えましたよ」。最高に格好良かった。最高の瞬間に立ち会えて、僕も幸せだった。本当におめでとう。

 終わりと同時に次へのスタートが始まった。現状としては、世界の頂点に届く可能性があることは明白。どう継続的に強化するのか非常に興味深い。これは、各団体だけの責任にはできない。国としてどう取り組んでいくかが大事になる。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです