メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火奉納

ずぶぬれ氏子 迫力の火柱 愛知・知立神社

雨の中を若者によって奉納された手筒花火=愛知県知立市の知立神社で安間教雄撮影

 愛知県知立市西町の知立神社で18日夜、境内に安置されている秋葉社の例祭が催され、名物の手筒や二寸、乱玉などの花火約250発が奉納された。

 雨が断続的に降る中、地元6町の氏子の若者約260人が、白装束に黒い前掛け姿で町別に登場。1回10人ずつが円陣を組み、手筒花火(直径10センチ、長さ30センチ)を…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです