サンゴ草

復活「深紅のじゅうたん」 北海道・網走

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鮮やかな緋色が一面に広がる、能取湖畔のサンゴ草群生地=北海道網走市卯原内で2016年9月21日
鮮やかな緋色が一面に広がる、能取湖畔のサンゴ草群生地=北海道網走市卯原内で2016年9月21日

 北海道網走市の能取湖々畔に広がるサンゴ草(アッケシソウ)の群生地が、今年も見ごろを迎えた。約3.8ヘクタールと国内最大級の規模で、一時は壊滅状態に追い込まれたが、関係者の努力で復活。「深紅のじゅうたん」のように一面に赤く色づいた。

 サンゴ草は、海水と淡水が混じる湿地に生える高さ10〜20センチの一…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

あわせて読みたい

注目の特集