メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

女優ら300人が出演者団体に入会打診

 アダルトビデオ(AV)への出演強要問題が表面化したのを機に、初めて誕生したAV女優らの連帯組織「表現者ネットワーク(AVAN)」が今月1日から会員登録の受け付けを開始した。代表を務める元AV女優で作家の川奈まり子さん(48)によると、21日時点で個人やプロダクションからの入会打診は約300人分。既に相談窓口を開設したほか、女優らがプロダクションと交わす統一契約書の準備や「セカンド・キャリア」をサポートする団体との連携も進んでいる。「AV業界の存在意義を高め、社会に認めてもらうことで、働く人の権利を守りたい」と意気込む川奈さんに課題と今後の展望を聞いた。【AV問題取材班】

 −−7月に団体を設立した後、今月1日に公式ホームページ(HP)をオープンし、会員の募集を始めました。反応は?

 川奈さん 21日の時点で70人弱に仮登録の会員IDを発行しました。事務処理が終わっていない分や「所属女優を全員入れる」と協力を申し出ているプロダクションが名簿を準備中の分を合わせると300人ほどになります。女優だけでなく男優や監督なども仮登録しました。「これからAVに関わりたい」「(出演強要などの問題が)話題になっているから応援したい」という方もいるので、「サポーター」として関われる仕組みも作り…

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです