脳損傷回復薬

治験を開始 国内5医療機関で 幹細胞注入

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 再生医療ベンチャー「サンバイオ」(東京都中央区)は21日、けがなどで脳の神経細胞が死んだり傷ついたりして体のまひなどが出た「外傷性脳損傷」の患者に対し、加工した幹細胞(細胞医薬品)を用いて機能改善を試みる治験を、国内5カ所の医療機関で実施すると発表した。1例目の手術は東京大病院で今秋にも行われる予定だ。

 対象者は、脳に損傷を受けてから1〜5年が経過し、現在の医療では回復が見込まれない患者。治験は米国と共同で行い、日米計52人を予定している。日本では8人以上実施する計画だ。移植する幹細胞の数が▽1000万個▽500万個▽250万個▽細胞なし−−の四つのグループに分け、運動機能の改善状態を1年間、追跡調査する。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集