メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペットカート

愛犬(我が子)と常に一緒に 高齢化で普及 公共の場、注意や配慮必要

インターネットで通販サイトを運営する会社に並ぶペットカート=福岡市中央区で、末永麻裕撮影

 ベビーカーに乗せて赤ちゃんと移動するように、ペットカートを利用して愛犬といつでもどこでも一緒−−。そんなライフスタイルが急速に進んでいる。ペットの高齢化が背景にあるが、人と犬の関係の変化も影響しているようだ。【木島諒子、末永麻裕】

 東京都渋谷区の代々木公園のドッグラン。芝生広場を犬たちが駆け回る一方で、ペットカートを押して遊びに来る飼い主が目立つ。「一緒にカフェに行くのに便利だし、電車でいろんなところに行ける」。小型犬のケアンテリア2頭を連れてきていた主婦(50)は利点を語る。

 ペット用品大手のジェックス(東大阪市)によると、カートが急速に普及し始めたのは5年ほど前から。同社マーケティング部の担当者は「カートに乗せて皆にかわいい愛犬を見せたいという心理もあるようだ」と語る。約4年半前からカートを販売しているワンパーク大濠店(福岡市中央区)によると、購入者はここ1、2年で増え、真夏や真冬に犬の足を心配する飼い主が買い求める傾向もあるという。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです