メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

鍵握る有権者たち/3 若者の厳しい目 両候補、支援広がらず

新入生らに声をかける「ヒラリーを支持する学生の会」代表のギャラガーさん(左手前)ら=ミシガン大学で

 米中西部ミシガン州は民主党のヒラリー・クリントン候補(68)と共和党のドナルド・トランプ候補(70)が競り合う激戦州の一つだ。だが、「ミレニアル世代」と呼ばれる若者たちは、両候補に対して厳しい見方をしており、積極的な支援につながっていない。

 州南部アナーバーの伝統校、ミシガン大学。9日、各クラブが新入生らを勧誘する「クラブフェア」が開かれた。「ゴー・ブルー、ゴー・ヒラリー!」。新入生らに声を掛けていたのは、「ヒラリーを支持する学生の会」代表で4年生のローレン・ギャラガーさん(21)だ。ブルーは大学のシンボルカラー。メンバー5人が約4時間かけ、300人超の新入生に会合のチラシを渡し、メールアドレスなどの情報を集めた。

 メンバーらの気掛かりは、党候補選びで大健闘したバーニー・サンダース上院議員(75)の支持層の動向だ…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです