メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号から見ると、地表面が太陽照明角度によって異なる「表情」を見せる(地形の効果も含まれる)。2015年8月15日午後1時(左)と午後5時=千葉大提供

 陸上の植生を観測対象にしている研究者も、ひまわり8号の観測データに熱い視線を送っている。地球上のどこに、どれだけの量の陸上植物が存在するのか。地球温暖化予測や世界的な森林保全・再生活動の検証に不可欠な情報である。

 人工衛星で継続的な観測をすると、太陽光の照明方向や観測方向によって異なった観測結果が得られる。これらの違いは植物群落の立体構造を反映し、植物量の推定に重要な役割を果たす。植物群落上空で実測したデータやシミュレーションによって、観測値の変化を推定することはでき…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです