メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号から見ると、地表面が太陽照明角度によって異なる「表情」を見せる(地形の効果も含まれる)。2015年8月15日午後1時(左)と午後5時=千葉大提供

 陸上の植生を観測対象にしている研究者も、ひまわり8号の観測データに熱い視線を送っている。地球上のどこに、どれだけの量の陸上植物が存在するのか。地球温暖化予測や世界的な森林保全・再生活動の検証に不可欠な情報である。

 人工衛星で継続的な観測をすると、太陽光の照明方向や観測方向によって異なった観測結果が得られる。これらの違いは植物群落の立体構造を反映し、植物量の推定に重要な役割を果たす。植物群落上空で実測したデータやシミュレーションによって、観測値の変化を推定することはでき…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです