メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

低所得者に住宅 自立支援

低所得者用シェルターを説明する「つくろい東京ファンド」代表理事の稲葉剛さん=東京都中野区で

 生活困窮者や路上生活者のために住まいを確保しようという動きが進んでいる。民間団体がアパートを借り上げて困窮者に提供する「ハウジングファースト」活動を実施。国も低所得者らのセーフティーネットとして空き家を活用できないか検討中だ。

 ●路上生活戻る例も

 従来は施設や病院への収容が中心だったが、相部屋で人間関係がうまくいかなかったり、結局、路上生活に戻ったりする例が出ていた。ハウジングファーストでは、まず安定した住まいを提供したうえで、医療や福祉の専門家が支えていく。1990年代に米国で始まり、欧州にも広がった。しかし、住宅購入を促進する「持ち家政策」がとられてきた日本では、低所得者向けの賃貸住宅が少なく、公営住宅の倍率も高いため、住まいの対策はなかなか進んでいなかった。

 このため、生活困窮者の支援団体が中心となって2014年に「一般社団法人つくろい東京ファンド」(稲葉…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1668文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです