腸内細菌

数千人分DB化 多様な病気との関連解明へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)と東京大の研究チームが、人間の腸内細菌の大規模なデータベース(DB)作りに乗り出した。健康な人や病気を持った人など数千人分のデータを集めることが目標で、腸内細菌の種類や数とさまざまな病気との関連を解明し、治療や予防法の開発に役立てたい考えだ。

 人間の大腸には約1000種類の細菌が約100兆個いると考えられ、難病の多発性硬化症やアレルギー、生活習慣病など多くの病気との関連が…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集