メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/1 悪い知らせは固定電話から 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 会社を辞め、独立した人間は誰しも、一度ならず思う。

 電話は怖い。

 会社に勤めていれば、オフィスの電話がいくら鳴ろうが、それは職場のBGMのようなもので、着信音にいちいち心をかき乱されたり、音が刃(やいば)になって心臓に刺さったりすることもない。

 だが、たった一人でオフィスを構えている場合、突然鳴り響く電話は、すべてが自分に対するなにがしかの要求か告知の前奏曲なのだ。

 通常の業務連絡ならメールで済む。もしくは携帯にかかってくる。友人からの酒の誘いも同様。わざわざ電話…

この記事は有料記事です。

残り2928文字(全文3164文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです