メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
連載小説 ストロベリーライフ

/2 うちの親にかぎって 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 親父が倒れた?

 口から最初にこぼれ出たのは、間抜けなひと言だった。

「なにそれ?」

 恵介(けいすけ)の父親は六十九歳、いや、ついこのあいだ七十になったんだっけ。古希のお祝いの品を贈ったほうがいいんじゃないか、という美月(みづき)の言葉を一笑に付(ふ)したばかりだ。「いいのいいの、嫌がられるだけだって。還暦に、姉ちゃんたちと赤いダウンベストを贈った時だって、喜ぶどころか怒り出したんだぜ。ジジイ扱いするなって」

この記事は有料記事です。

残り2654文字(全文2859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです