メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国障害者スポーツ大会

築上西高生と卒業の3選手、出場を報告 「目標は東京五輪・パラ」 /福岡

大会に向けて意気込む(右から)佐藤、古野、有延の3選手

 築上西高陸上部の佐藤都夢(とむ)選手(3年)が第16回全国障害者スポーツ大会(10月・岩手県)の走り幅跳びに出場する。レスリング部の古野空(そら)選手(同)は岩手国体少年フリースタイル66キロ級、同部出身の有延大輝(たいき)選手(22)も成年フリースタイル57キロ級出場を決め、23日、3人そろって築上町役場に出場報告に訪れた。

 佐藤選手は4歳の時、稲刈り機に右前腕を巻き込まれ、義手を使っている。小4の時から陸上を始め、5月に…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです