メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

「もんじゅ廃炉」の魔法=青野由利

 <do−ki>

 審議会の傍聴に行くと、ぼそぼそと話す声が聞き取りにくくて困ることがある。明瞭にしゃべってくれる人がいると、それだけで肩を持ちたくなるほどだ。

 文部科学省が5月まで開催した「もんじゅ」検討会で声が大きかったのは当時の馳浩文科相、次いで有馬朗人座長。声の小さい委員もいたし、結論は中途半端でいただけなかったが、それでも「公開」での議論には意味があった。

 ところがこの後、もんじゅの議論は水面下に潜ってしまう。臆測が飛び交う中、原子力関係閣僚会議でいきな…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです