メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

国民投票3カ月 首相、問われる統率力 EU離脱交渉の時期未定

 【ロンドン矢野純一】英国民が欧州連合(EU)離脱を選択した国民投票から23日で3カ月がたつ。英政府は過去に例のない離脱交渉の開始時期や方針をまだ明らかにしていない。国民投票後に就任したメイ首相は難しいかじ取りを迫られている。

 「英国はEUに権限を移譲してきたため、(交渉を支える)官僚や外交官が少ない」。今月5日、ロンドン市内で講演した英外務省のサイモン・フレーザー前事務次官は英国側の根本的な問題を指摘した。

 メイ氏はEU離脱省と国際貿易省を新設したが、両省に異動する官僚を巡って省庁間で綱引きが行われ、組織の体制も十分に整っていない。外務省、新設2省のどこが、離脱を巡る政策を主導するかも不明確だ。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです