メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

鍵握る有権者たち/4止 冷めたベンチャーの町 投資先候補、見つからず

大統領選での民主党候補への投票は初めてというベンチャー投資家のウィリアム・ドレイパーさん=米西部カリフォルニア州シリコンバレーで

 アップルやグーグルなど、情報技術(IT)関連企業が集まる米西部カリフォルニア州シリコンバレー。世界中から才能と資金を集め、ベンチャー企業を次々に生み出す米経済の動力源だ。全米で最も富裕な地域の一つで、大統領選ではこれまで民主、共和両党の候補者に多額の選挙資金を「投資」してきた。

 ここで60年近く、ベンチャー企業を育て、世に送り出してきた「元祖」ベンチャー投資家ウィリアム・ドレイパーさん(88)は「世界は変わってしまった。こんな選挙戦は見たことがない」と話す。長年の共和党支持者だが、本選では党候補のドナルド・トランプ氏(70)ではなく、民主党候補のヒラリー・クリントン氏(68)に投票するつもりという。

 大学同窓のブッシュ元大統領と親交が深く、レーガン政権では政府系金融機関トップを務めるなど「共和党主…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです