メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の20年

北田暁大が聞く 第6回 ゲスト・小熊英二さん 安保法制抗議運動(その1)

対談する小熊英二・慶応大教授(右)と北田暁大・東大教授=東京都世田谷区で

 昨年9月、国会前では安全保障関連法(いわゆる安保法制)案への抗議運動が連日続いた。北田暁大・東京大教授(社会学)が、社会運動史に詳しい小熊英二・慶応大教授(歴史社会学)に、「68年」など過去の運動と今の運動の対比を聞いた。【構成・鈴木英生、写真・長谷川直亮】

団体が主導した60年代 SNSでつながるいま

 北田 小熊さんは、今の運動には日常の実感に基づく将来への不安が根底にある点が、「68年」の運動とは違うと対比させるわけですが……。

 小熊 「68年」と2011年の原発事故以降の抗議運動は、参加者の属性や意識が大きく違います。「68…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2084文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわの山本代表 次期衆院選「政権を取りに行く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです