メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療事故

インスリン10倍投与、患者死亡 「死因に関連可能性」 長崎の病院

 国立病院機構長崎川棚医療センター(長崎県川棚町)は23日、入院患者に医師が指示した量の10倍のインスリンを投与する医療事故が起きたと発表した。患者はその後死亡した。センターは「過剰投与が死因に関連した可能性がある」として遺族に謝罪し、原因を調べている。事故を長崎県警にも届け出た。

 センターによると、患者は糖尿病などの持病があ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです