電通

ネット広告不正、2.3億円過大請求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デジタル広告で発覚した広告主への「不適切請求」について会見する中本祥一電通副社長(中央)=東京証券取引所で2016年9月23日午後4時15分、尾村洋介撮影
デジタル広告で発覚した広告主への「不適切請求」について会見する中本祥一電通副社長(中央)=東京証券取引所で2016年9月23日午後4時15分、尾村洋介撮影

 広告代理店最大手の電通は23日、インターネットの企業広告を契約通りに行わず、広告主に対する過大請求など不適切な取引があったと発表した。現時点で不正が疑われるのは、広告主111社から受注した633件で、取引総額は約2億3000万円に上る。同社の中本祥一副社長は記者会見で「ご迷惑をおかけし申し訳ない」と陳謝。過大請求分は全額、返金する方針だ。

 不正があった広告は、インターネットの画面に帯状に表示される「バナー広告」や動画が流れる「動画広告」など。検索実績などをもとに、関心のありそうな広告を表示する仕組みだ。広告主との契約で掲載期間などが決まっているが、契約とは異なる期間に掲載されていた事例が散見されたほか、まったく掲載していないのに契約金額を請求していた悪質なケースも14件、約320万円分あった。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文884文字)

あわせて読みたい

注目の特集