メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGO

危険な「一斉移動」 背景に「不正ツール」

 22日に日本での配信から2カ月が過ぎたスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」。配信当初の爆発的な人気は落ち着いたとはいえ、愛好者は多く、今月上旬に世界累計5億ダウンロードを突破した。一方で、ゲームのプレーヤー(利用者)が深夜にたむろしてゴミをポイ捨てしたり、珍しいポケモンを求めた数百人が車道をふさいだりするなどの迷惑行為が後を絶たない。なぜ、今になってのマナーの悪化が目立つのか。背景には、ゲームを運営する会社が「不正ツール」と呼ぶサイトやアプリがある。国内で集められる142種類すべてを集めた愛好家の記者が「一斉移動」問題を探った。【大村健一/デジタル報道センター】

 「ポケモンGO及びアプリ遊戯者の不敬行為が改善されず、警備員を配置しても収拾がつかなかった為(ため)、当境内地に於(お)ける遊戯はやむを得ず全面禁止となりました」。東京都台東区の不忍池(しのばずのいけ)ほとりにある寛永寺の弁天堂は、9月18日から境内でのスマホ向けアプリ全般の禁止を伝える立て看板を設置し、警備員が「この場所でアプリ使用は禁止です」と呼びかけている。

 寛永寺の担当者は「全員のマナーが悪いわけではないが、配信直後から改善の様子が見られず、むしろ最近になって如実に表れてきたような気がする」という。配信開始直後から珍しいポケモンの頻出スポットとして人が集まり、昼夜を問わずに境内に居座り続けるプレーヤーに対する参拝客からの苦情も後を絶たなかった。たばこの吸い殻や飲食物の包装などゴミのポイ捨てが増加し、「深夜に境内で集団がたむろしているのは、治安の面で…

この記事は有料記事です。

残り2426文字(全文3106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです