メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカオワ

犬猫殺処分ゼロ 新曲に込めた思い

動物殺処分ゼロ支援プロジェクト「ブレーメン」について語る人気バンド「SEKAI NO OWARI」。(右から)Fukaseさん、DJ LOVEさん、Nakajinさん、Saoriさん=東京都渋谷区で2016年9月19日、内藤絵美撮影

支援プロジェクト「ブレーメン」発足

 日本では飼い主らの身勝手な理由で約10万匹(2014年度)の犬と猫が殺処分されている。この現状に関心を寄せた人気の4人組バンド「SEKAI NO OWARI」が今年7月、殺処分ゼロに向けた活動を支援するプロジェクト「ブレーメン」を発足させた。彼らを駆り立てたものは何だったのか。動物愛護週間(20〜26日)に合わせ、話を聞いた。【聞き手・池乗有衣】

 −−国内の殺処分の現状を知ったきっかけは何ですか?

この記事は有料記事です。

残り2569文字(全文2787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです