中学教諭自殺

公務災害認定 残業月160時間超「過重」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福井県若狭町立上中中学校の教諭だった嶋田友生さん(当時27歳)が2014年10月に自殺したのは、最大月160時間超の残業などで精神疾患を発症したのが原因として、地方公務員災害補償基金福井県支部が公務災害と認定したことが分かった。遺族の代理人らが23日、記者会見して明らかにした。

 弁護団によると、認定は6日付。嶋田さんは…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集