メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学教諭自殺

公務災害認定 残業月160時間超「過重」

 福井県若狭町立上中中学校の教諭だった嶋田友生さん(当時27歳)が2014年10月に自殺したのは、最大月160時間超の残業などで精神疾患を発症したのが原因として、地方公務員災害補償基金福井県支部が公務災害と認定したことが分かった。遺族の代理人らが23日、記者会見して明らかにした。

 弁護団によると、認定は6日付。嶋田さんは…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです