メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みえ交通安全・環境フェスタ

バス車体にお絵かき 県総合博物館 /三重

路線バスの車体に絵を描く親子連れら=津市の県総合博物館で

 県総合博物館(ミエム)=津市一身田上津部田=が企業・団体の協賛を得て実施している人気企画「コーポレーション・デー」のイベントとして、「みえ交通安全・環境フェスタ」が24日、同博物館で開かれた。

 中部運輸局三重運輸支局と、県バス協会、日本自動車連盟三重支部などとの共催。親子連れら大勢の市民が訪れ、実際に走る路線バスの車体に自由に絵を描いたり、バスの運転手やバスガイドの制服・制帽を試着したりする人気コーナーには行列ができた。

 このほか、体験車によるシートベルトの効果の体験、パトカーや白バイとの記念撮影、燃料電池自動車や電気自動車などエコカーの展示、「バスの絵コンテスト」の入賞者の表彰式などが行われ、終日にぎわった。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです