やぶ医者大賞

地域医療に励む若手医師2氏を表彰 11月、シンポと表彰式 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 養父市は24日、へき地で地域医療に励む若手医師をたたえる第3回「やぶ医者大賞」に、滋賀県東近江市の東近江市永源寺診療所長の花戸貴司医師(46)と、徳島県美馬(みま)市の美馬市国民健康保険木屋平診療所長の藤原真治医師(46)が選ばれた、と発表した。11月26日午後1時、養父市広谷の市立ビバホールで、「へき地医療を考えるシンポジウム」と2人の表彰式がある。

 養父市によると、西日本4県から5人の応募があり、養父市医師会の井上正司会長、神戸大大学院の岡山雅信・特命教授ら10人による審査で決まった。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集