メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

ダム底 高濃度セシウム たまる汚染、募る不安

セシウムが指定廃棄物の基準を超える濃度でたまっている大柿ダム=福島県浪江町で2016年7月、本社ヘリから徳野仁子撮影

 東京電力福島第1原発周辺のダムに放射性セシウムがたまり続け、実質的に「貯蔵施設」となっている。有効な手立ては見当たらず、国は「水は安全」と静観の構えだ。だが、福島県の被災地住民には問題の先送りとしか映らない。原発事故がもたらした先の見えない課題がまた一つ明らかになった。

国「放置が最善」/地元「決壊したらどうする」

 「このままそっとしておく方がいいのです」。福島県の10のダム底に指定廃棄物の基準(1キロ当たり8000ベクレル超)を超えるセシウム濃度の土がたまっていることを把握しながら、環境省の担当者はこう言い切る。

 同省のモニタリングでは、各ダムの水に含まれる放射性セシウムは検出下限値未満と飲料水の基準(同10ベ…

この記事は有料記事です。

残り2666文字(全文2976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  2. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  3. 麻生太郎氏 また不適切発言 祭り表現で差別的言葉
  4. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  5. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです