メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 強い米国、同盟国に有益 トランプ氏顧問、政策詳細触れず

ジョゼフ・シュミッツ氏=米南部バージニア州マクリーンで9月23日、西田進一郎撮影

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)の上級外交政策顧問を務めるジョゼフ・シュミッツ元国防総省監察総監(60)は毎日新聞とのインタビューで、トランプ氏の「米国第一主義」について、米国の経済と防衛を強くすることが、結果として日本など同盟国の利益にもなるとの主張を展開した。一方、個別の外交政策について語ることは避け、陣営として政策の詳細が詰まっていないこともうかがわせた。

 トランプ氏が5人の外交政策顧問の名を発表したのは3月21日午後。シュミッツ氏はその直前に就任要請を…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです