メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

豪栄道豪太郎さん=大相撲秋場所で幕内初優勝した

 満員の両国国技館。母真弓さん(60)の前で初優勝を決めた。「支えてくれた人に恩返しできました」。親孝行ができましたね、と聞かれて「はい」と答え、涙があふれてきた。

 大関昇進から2年、2桁勝利をしたのは12勝した今年春場所のみで存在感は薄かった。だが、もともと負けん気は強い。脇腹痛でテーピングをしても「虫に刺されただけ」と強がった。今年5月の夏場所では白鵬の右肘でのかち上げにも、ひるまず頭で当たりに行った。左目奥を骨折したが、場所後まで明らかにしなかったほどだ。

 普段は寡黙だが、連勝がスタートした今場所の序盤で、こんな言葉を口にした。「プロだから、注目されないと意味がない」。好機を逃さない勝負勘と相まって勢いづき、11日目には綱取りの稀勢(きせ)の里の夢も打ち砕いた。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです