特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・本と人

『蜜と唾』 著者・盛田隆二さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
盛田隆二さん=鶴谷真撮影
盛田隆二さん=鶴谷真撮影

 (光文社・1404円)

見返り求めず助け合う若者 盛田隆二(もりた・りゅうじ)さん

 <「おめでとう、亮平くん。雑誌、見たわよ」>。ある年末、都心の古いワンルームマンションに住む27歳の貧しきウェブライター、亮平に美帆子から4年ぶりに電話があった。大卒後に勤めたブラック企業の告発記事が初めて論壇誌に掲載されたのだ。亮平が学生時代に家庭教師をした少年の母親が美帆子。この電話が3カ月にわたるサスペンスの幕開けだ。トリックも奇想もないのに読む快楽の深いこと!

 電話のくだりの直後にいきなり<この日から二ヶ月ほど後に、一人の刑事が不審死をめぐる事件の聞き込み>のために訪ねて来ると書いた。その時点で「どんな動機でどんな犯罪が起きるのか分からなかった。マジです(笑い)。僕はプロットを一切作らない主義なんです」。犯人が誰かはさすがに頭にあったというが。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文1004文字)

あわせて読みたい

注目の特集