メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・豊洲新市場

「空洞の水、地下水」 専門家会議座長見解

 豊洲市場の主要建物下に盛り土がされなかった問題で、再設置された外部有識者の専門家会議で座長を務める平田健正(たてまさ)・放送大和歌山学習センター所長らが24日、建物下の空洞を初めて視察し、たまっている水について「地下水と判断される」との見解を明らかにした。

 都の調査で環境基準値を超える有害物質は検出されず、平田氏は現時点で問題はないとの認識を示した。

 視察後に記者会見した平田氏によると、地下水の水質や水位を管理するシステムで観測用の井戸からくみ上げ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです