メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

生花で日本らしさを表現 鈴木不二絵さん

 作家のユゴーが「最も美しい広場」と称したベルギーの首都ブリュッセルのグランプラスに8月、日本の「花鳥風月」をテーマにした大きな生花のじゅうたんが敷き詰められた。日本人デザイナーの鈴木不二絵さん(38)、東京都=が下絵を担当した。

 今年は日本とベルギーの外交関係樹立150周年にあたる。両国で多くの記念行事が行われており、約1800平方メート…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです