メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/23 近江酒造 イメージ改革、受賞で「吉」 /滋賀

「燗酒コンテスト2015」最高金賞の盾。先代蔵元の今宿市郎さんが亡くなったのと同じ日付が刻まれている=滋賀県東近江市の近江酒造で、山本直撮影

 「今までのラインアップを離れて一つヒット作を出したい。『重め』のイメージを変えるようなすっきりとした味わいで、しかも手ごろな価格の商品を」。こんな思いを込めて昨年発売した新銘柄「近江龍門 特別純米酒」が燗酒(かんざけ)コンテスト2015(スローフードジャパン・酒文化研究所主催)で上位5%(約800点出品)に与えられる最高金賞を受賞した。「うそっ」と思ったと近江酒造の蔵元、今宿喜貴さん(42)。今年も特別金賞を受賞し、フロックではないことを証明した。賭けは「吉」と出た。

 同社は、琵琶湖に注ぐ鈴鹿山系の伏流水と近江米という豊かな素材に恵まれた地で1917(大正6)年、地元の酒造家や酒販業者が集まって株式会社として設立された。代表銘柄の「志賀盛(しがさかり)」には、そんな気候風土に恵まれた「志賀の地で大いに盛んとなれ」との願いと、会社設立にあたって「志を同じくすることを賀し、隆盛を期す」との心意気を表しているという。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです