メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

物理学賞受賞・梶田さん講演 「宇宙には多くの謎残る」 学生ら500人聴き入る /宮崎

聴講者の質問に答える梶田さん

 昨年ノーベル物理学賞を受賞した東京大宇宙線研究所長の梶田隆章さん(57)が25日、宮崎市であった日本物理学会などが主催する市民科学講演会で話した。梶田さんは学生ら約500人を前に「宇宙には多くの謎が残っている。ぜひ科学の道に興味を持ってほしい」と呼びかけた。【尾形有菜】

 梶田さんは昨年10月、素粒子の一つであるニュートリノに質量があることを示すニュートリノ振動を発見したとして、ノーベル物理学賞を受賞。質量の発見は物質や宇宙形成…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです