メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

中国製高速鉄道、暗雲 インドネシアに建設、用地買収停滞・資金難

 中国が日本と争う形でインドネシアの高速鉄道計画を受注してから1年。中国にとって初めてとなる本格的な高速鉄道の輸出プロジェクトは難航している。中国製の高速鉄道を導入する動きは関係の深い発展途上国で広がっているが、各地でトラブルも続発しており、巨大インフラ輸出に影を落としている。

受注1年、計画ほころび次々

 ジャカルタの南東約100キロ、西ジャワ州ワリニ地区で、数台の重機が森を切り開いていた。今年1月にジョコ大統領が出席して盛大な起工式が行われた高速鉄道の建設現場だ。作業員の一人は「8カ月で2キロしか進んでいない」と明かした。1日平均8メートル余りしか整地できていない。移設が必要な高圧電線の鉄塔も建ったままだ。開通予定の「2019年」にジャカルタ−バンドン間約140キロに高速鉄道が走っているとは想像しがたい。

 事業主体のインドネシア中国高速鉄道(KCIC)は遅れの批判を意識してか、工事の進捗(しんちょく)状…

この記事は有料記事です。

残り1998文字(全文2405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです