特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

障害者の取り上げ方

「感動」に流されず、多面的に伝えて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
8月28日放送の「バリバラ」の一場面
8月28日放送の「バリバラ」の一場面

 メディアの障害者の描き方はいまのままでよいのか−−。NHKのEテレが8月28日夜に放送した情報バラエティー番組「バリバラ」は、日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ」(同月27日夜〜28日夜)と放送時間を重ねたこともあって注目を集めた。当事者からは「障害者を多面的に伝えてほしい」との声が上がっている。【望月麻紀、ロンドン矢野純一】

 オーストラリアの女性コメディアンでジャーナリストのステラ・ヤングさん(1982〜2014年)は障害者の姿を感動的に伝える映像や写真を「感動ポルノ」という言葉で批判した。この日、「バリバラ」は「検証!『障害者×感動』の方程式」をテーマに生放送し、ヤングさんの言葉を紹介しながら、メディアが伝える障害者像について問題提起した。

この記事は有料記事です。

残り2633文字(全文2966文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集