メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

「初ブラ適齢期」は10歳から

初経前後の4年間で胸は成長する

 娘が小学校高学年になる前に準備しておきたいのが、ジュニア用ブラジャーの購入だ。どのタイミングで何を選べばいいのか。母親の経験が当てはまらないことも多くなっている。最近の「ファーストブラ」事情を紹介する。

 東京・新宿の京王百貨店では今年4月、子ども肌着の売り場に、10代前半の女子を対象にした専用コーナーを設けた。ワコールのブランド「フェアリーティアラ」を扱い▽ステップ1・パッド付きのブラトップ(タンクトップ、キャミソール)▽ステップ2・ノンワイヤのブラ▽ステップ3・ワイヤ入りのブラ−−といった具合に、発達に合わせた3段階で商品を提案している。

 色柄も豊富で、価格はブラトップが3000円から、ブラが2300円から。採寸から試着、素材などのアドバイスまで、大人の女性と同様の接客が特徴だ。夏から秋は、旅行や学校の宿泊行事のための購入が増えるという。母と娘で来店するケースが多いが、祖母まで含めた3世代での買い物も珍しくない。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです