メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

障害児への性教育 根強いタブー視に試行錯誤

特別支援学級・学校の性教育について意見を交わす教員ら=前橋市で、鈴木敦子撮影

 健康や命の問題につながる性教育をどう進めるか、悩んでいる教員は少なくない。とりわけ、知的障害がある児童・生徒は発達の個人差が大きく、特別支援学級・学校では試行錯誤が続いている。8月に前橋市で開かれた全国性教育研究大会(全国性教育研究団体連絡協議会など主催)の分科会では、学校、保護者、医療機関と連携した効果的な取り組みが紹介された。

 理解力が1〜2歳児相当の小学校高学年の女児が、そろそろ初経を迎えるが、どう対応していいか分からない…

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです