メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・斉藤由貴

つれづれな日々に 50歳の誕生日

=梅村直承撮影

 こんな誕生日も、ある。

 早めにNGをとっとけばよかったのかもしれない。でも、基本「先々の予定をキチンとする」ことが苦手な私、9月10日は終日ドラマの撮影が入っていて、家でお祝いの準備をすることができなかったので、特に何もする予定はなかった。子供たちは残念がっていたが、「ごめんね、仕事なんだー」で、割とあっさり納得してくれた。

 どんな状況でも、人間はやがて慣れる。「慣れる」というのは、ものすごく当たり前に私たちの人生にあるものなので、普段とりたてて何も思わないが、よく考えるととても大きな、大切なプログラム? プログラミング? なのだとわかる。私は、恐ろしいほどの多忙に慣れる。子供は、母親の不在に慣れる。よしあしをうんぬんする気は毛頭ない。ただ、知らず知らず、慣れる。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです