サービス付き高齢者住宅

情報公開を介護施設並みに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サービス付き高齢者向け住宅の新たな情報公開の仕組み
サービス付き高齢者向け住宅の新たな情報公開の仕組み

 国土交通省は、安否確認などのサービスのある「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)に関し、今年度中にスタッフの体制や生活支援の詳細をインターネットで公表する仕組みを始める。サ高住は賃貸住宅の位置づけだが、介護の必要な入居者が多い状況を踏まえ、介護施設並みの情報公開を事業者に求める。第三者による評価も公表する。急増するサ高住は質のばらつきが課題とされており、入居希望者に比較材料を提供する狙いがある。

 サ高住は高齢者が安心して暮らせることを目指し2011年10月にスタート。居室はバリアフリー構造で原則25平方メートル以上の広さがあり、安否確認と生活相談のサービスを受けられる。都道府県などへの登録制で、新築や改修などの費用には国の補助がある。7月末現在の登録数は20万3783戸にまで増えている。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文671文字)

あわせて読みたい

注目の特集